未分類

関節を改善する運動方法

2017-10-11 未分類

関節をサポートするドッグフードに変更をすることで一定の効果を得ることもできますがそれと平行して運動方法を変更することも関節をサポートする重要な要素の一つになります。食事で多くのグルコサミンやコンドロイチンを摂取し、更に適度な運動を心がけます。肥満から関節を痛めている犬の飼い主は肥満を解消するために散歩時間を増やす方も少なくありません。当然運動量を増やせばその分関節に負担を与えることになりますから適切な方法ではないと言っても過言ではないでしょう。

ドッグフード写真

逆に全く運動をさせないという方法も好ましくありません。関節をサポートするためには関節周りの筋肉を鍛えて丈夫な膝を手に入れなければなりません。運動の方法は適度な散歩です。また、室内飼育の場合は滑りやすい床で関節を痛めることがありますのでフロア対策をすることもおすすめです。

このように運動方法とドッグフードを変更することで一定の効果を得られるでしょう。また、自分が飼っている犬の関節はまだ悪くなっていないが予防をしたいという方は高タンパクなドッグフードを選択します。高タンパクなドッグフードは筋肉の成長をサポートしてくれるので膝周りの筋肉強化に一役買ってくれる可能性が高くなっています。

推奨リンク|ドッグフード
└ラム肉を最大55%使用している高タンパクドッグフードです。

ドッグフードで関節をサポート

2017-10-06 未分類

関節をサポートするために食事を改善している飼い主さんは少なくありません。人間も同じですが犬においても食事が大切です。食事によって動物は栄養を吸収しそれが身体に蓄積されて健康的な身体を作り上げます。現在では関節をサポートするドッグフードが販売されています。そのドッグフードとはグルコサミンとコンドロイチンが多く含まれているドッグフードになります。人間向けのグルコサミンやコンドロイチンが多く含まれるサプリメントなども販売されているので関節に一定の効果があるということを知っているという方は少なくないでしょう。

ドッグフードを変更してグルコサミンやコンドロイチンが多く配合されているものを与えれば関節の悪化を回避できる可能性があります。また、これ以上悪くなる確率を少しでも下げることができるのではないでしょうか。ドッグフードを変更する時は以前与えていたドッグフードと混ぜて徐々に変更後のドッグフードの量を増やしていくことで犬の食欲低下などを未然に防ぐことができます

また、コンドロイチンやグルコサミンが多く配合されているふりかけなども販売されています。ドッグフードに配合されているグルコサミンが少ないと思われる方はふりかけなどを購入して与えることもできるでしょう。

関節のトラブルをドッグフードでカバーしよう

2017-10-05 未分類

人間は高齢化や肥満などの影響で関節に悩みを持たれている方も少なくありません。関節に痛みを感じるのは人間だけでなく犬においても同様です。ペットブームの影響から、犬とご自宅で生活をしている方も少なくないでしょう。家族の一員のように犬と生活をして大切に育てている方も少なくありません。ホームセンターでは犬や猫が販売されています。また、友達から譲り受けたり友達の犬が出産を迎え生まれた子をペットとして育てたりする方も少なくありません。もしこのような愛犬が関節に痛みを感じていると知った時、多くの方は関節をサポートしてあげたいと思われるのが一般的になります。

犬の散歩

犬が関節を痛ませる原因は様々です。例えば散歩不足からの肥満です。基本的に猫とは異なり犬は運動量が多く小型犬でも1日数回の散歩の内、それぞれの散歩時間は30分という方も少なくありません。しかし、1日数回30分散歩をするのはあまり現実的ではないでしょう。なぜなら飼い主においては仕事をしている方もいますし、仕事時間が長くなればその分散歩時間を削っている方も少なくないでしょう。そのため犬は運動不足となり肥満から関節を痛めてしまう可能性があります。

他にも過剰な運動や、老化や病気の場合も考えられます。もし犬の関節に異常を感じている飼い主さんはドッグフードや運動方法の改善を促してみてはいかがでしょうか。今回は関節をサポートする運動方法やドッグフードについて紹介します。